レイアウト次第で効果的な名刺が作れます。

ビジネスの場において自分の情報を相手に伝えるためのアイテムとして最も威力を発揮するのが名刺です。
これほど、自分を明確に表現してくれるものはありません。
また、相手に対して紙媒体として情報を残すことができる点も効果的です。
そのため、できるだけ情報量を多く効果的に載せつための工夫が大切です。
どんなに情報を載せても見て分からなければ意味がありませんし、情報を少なくしてしまっても意味がありません。
大切なのはレイアウトです。
名刺のレイアウトには縦書きのものや横書きのものなど様々ありますし、両面に印刷されているものやカラー印刷のものなど豊富なバリエーションがあります。
ポイントはいろいろありますが、最近よく使われているものとして顔写真を入れるパターンがあります。
名刺はもらっても、ほとんどの場合、話している間は見ることがありません。
後になって顔と名前が一致しないことがよくあります。
誰からもらったかを印象付けるためには、情報として顔写真が効果的なのです。